プロフィール

もこ

Author:もこ
もこ(ヨメ) 
出身  千葉
性格  ナニゴトもホドホドが
     イチバン。
血液型 A型
趣味  リメイクとフリマ、
絵本収集。
     羊毛フェルト雑貨も
     チクチク製作中。
やじ(ダンナ)
出身  秋田
性格  ワルガキ。 
     兎に角ワルガキ。
血液型 B型     
趣味  車、釣り、バスケ、
     愛犬いじり


2011年7月15日 誕生
幼稚園生になりました☆
「いちご」と「ピンク」と
「おひめさま」が大好きです

(「ちかそしき」は
「mocoyaの小屋」に
名前が変わりました)

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*Tooiさんの海外絵本市*

もこです*
最近暖かい日もあったりして、少しホッとしますね*


以前紹介したことのある、雑貨屋Tooiさんの「海外絵本市」。
なかなか行けなくて、最終日の29日にやっと行ってきました!

店内は英語やフランス語、チェコ語などの絵本や
それを訳した日本語の絵本などが並んでいました。

ん~。。。カワイイ。。。(*^^*)

リサ・ガスのペーパーブックや、同じ作者の「ペネロペ」もあったり
「はらぺこあおむし」の愛蔵版・ミニミニ絵本もあったりと
眺めているだけで、幸せでした☆

他にも「ながくつしたのピッピ」などの海外絵本のステーショナリー(ノートや付箋など)
も並んでいました^^
コチラもカラフルでとても、カワイイ。


*今回のお買い上げ品*

この真っ赤な表紙と、器用にお花を前足で持っている牛のイラストが
なかなかよい、この絵本。

海外絵本表紙


『The Story of Ferdinand 』
というタイトルの絵本です。(英語訳)

昔、読んだことがあって、懐かしかったのでコチラを購入させていただきました*
(↑「はなのすきなうし」というタイトルでした)

お話の舞台はスペイン。

海外絵本なかみ


「フェルディナンド」という名の雄牛は、子供の頃からお花が大好きで、
他の牛たちは野原を飛んだり跳ねたりして遊んでいるのに
それには全く興味を示さず、
自分は「お気に入りの場所で、花の香りを楽しむことが一番の幸せ」と
自分の趣味嗜好がはっきりとしている、変わった牛でした。

そんな彼も、いつしか立派な体格の(表紙のような)雄牛に成長。
でも中身は、花好きのロマンチスト(?)な変わり者のままでした。

しかし、ひょんなことから、
「闘牛」として、彼はデビューさせられてしまうことに。
彼の運命は。。。?

というお話です^^

中はモノクロで、シンプルですが、イラストはとても秀逸で、
植物や昆虫の絵がとても綺麗だったり、
子牛のフェルディナンドはカワイイのに、
大きくなった彼は、かなり重量感溢れる体格で描かれ
花を愛でる無骨な姿が、逆に何だか愛らしかったです。

他にも勝手な人間達のコミカルな絵や
スペインの味わいのある風景など
見所がたくさんあったので
なかなか楽しめました*


またいつか、こういう絵本市があると
嬉しいですね*

今度はぜひ、初日に行きたいものです!

COMMENT

海外絵本市、行こうと思いながらもなかなか時間がとれず、結局いけなかったんです・・・。
絵本っていいですよね。
なんか見てるだけであったかい気持ちになれる。
海外の絵本で言葉がわからなくても、絵をみれば伝わる!
それが絵本の醍醐味のような気がします。

真っ赤な表紙の絵本。インパクトあるし、牛さんがなんともいえない!

私も最終日に行ってきたんですよ~!
だいぶ売れちゃってたみたいで、
やっぱり初日にいろんな絵本見たかったなーと思いました。

もこさんの選んだ絵本、カワイイですね♪
真っ赤+牛+花柄の組み合わせで
こんなにかわいく見えるってスゴイ(笑)

そしてフェルディナンドの運命がとっても気になります・・・

*AYAKOさんへ*

フェルディナンド君、いい味出してます(笑)
海外絵本市、いつかまた、開催して欲しいですね!(≧▽≦)丿
是非とも!

言葉がわからなくても
面白い絵本は面白い!からいいですよね^^
少しずつ、そういう絵本を集めてみたいものです。
古本屋さんで、洋書絵本をさがしてみようかな?

*サクさんへ*

そう、初日に見に行きたかったですよね~!
無理してでも行けばよかったと、後悔してます(><)
90冊くらいあったそうですので。
たくさんの絵本好きな方が買われたのでしょうね^^

フェルディナンド君のその後ですが、

闘牛の当日、
観客席にいる女性達の花飾りを見つけた彼は
闘牛場のど真ん中で、どっしりと座り込み
ただただ静かに花の香りをかぎ始めます。
いつもとまったく変わりません(笑)

困ったのは闘牛士です。何とかして戦おうと試みますが
全く動じず、いたってのどかなフェルディナンド。
ある意味すごい。

結局彼は、もといた農場に送り返されてしまいましたが、
「お気に入りの場所で、花の香りを楽しむ」という
いつもと変わらぬ生活を送り、幸せに暮らしました。

というお話でした。
うまく説明できたでしょうか^^;

どういう状況でも変わらない、フェルディナンド君は
かなりのツワモノだなぁと
感心してしまいます。
私には彼のような生き方は難しいので
少しうらやましい。。。(^^;)

フェルナンドくんの行く末がわかってスッキリしました(笑)
もこさん、ありがとうございます♪

それにしてもなんだかすごく意味深いお話ですね。
私もフェルナンドくんのような強さが欲しい・・・デス。

そしてこの絵本も欲しくなりました(笑)

*サクさんへ*

お役に立てたみたいでよかったデス!^^

フェルディナンド君のお話は、いろいろと考えさせられますね*
彼のように、幸せを追求し続ける強さが私も欲しいです。

機会がありましたら、ぜひぜひ、手にとっていただきたいデス!
内容もさることながら、絵もかなりユニークなので飽きさせませんっ*

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダ-
お友達&秋田のブログ&お店
*mocoya掲載本*
いらっしゃいませ~
はつこい時計
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。